関門海峡花火大会に車で行く人必見!駐車場・抜け道・混雑状況まとめ

当ページはPRを含みます

毎年お盆に開催される、関門海峡花火大会。

福岡側からと山口側、二つの県をまたぐ形で打ち上げられる、珍しい花火ということで有名です。

また、水上花火もその魅力の一つ。

今回は、関門海峡花火大会に車で行けるのか、駐車場や帰りの抜け道、例年の混雑状況についてまとめます。

この記事でわかること
  • 関門海峡花火大会に車で行けるのか
  • 関門海峡花火大会の駐車場
  • 関門海峡花火大会の混雑状況や抜け道

毎年すごい渋滞で帰り着くのは深夜なんてこともあるよ!

渋滞回避方法も紹介するからぜひ参考にしてね!

タップできる目次

関門海峡花火大会|車で行ける?

関門海峡花火大会は、公式サイトによると車で行けません。

しかし、事情があって車で行きたい人もいるでしょう。

その場合、会場周辺は広範囲にわたり交通規制がなされますので、数駅離れたところに停めてJRを利用するのがおすすめです。

会場近くに運よく駐車場を見つけたとしても帰りに渋滞し、会場周辺から抜け出すのに1時間以上かかったという人も珍しくありません。

JR九州は当日、5分おきに電車を走らせてくれているので、車と比べて早く帰ることができる可能性が高いです。

関門海峡花火大会|駐車場はある?

関門海峡花火大会は、運営が公式に設けた駐車場はありません。

運営サイドは毎年公共交通機関を利用するよう、強く呼びかけています。

また、下関会場近くの「あるかぽーと」駐車場は、当日一般車輌は利用できません

その他に数か所、有料駐車場があるのでまとめますが、渋滞は免れませんので注意が必要です。

下関会場周辺駐車場
  1. 下関市役所駐車場(普通車200台)
  2. 市営赤間駐車場(普通車300台)
  3. 細江町市営駐車場(普通車500台)
  4. ザ・パーク下関宮田町第1駐車場(7台)
  5. タイムズ下関岬之町(14台)
  6. カモンパーク豊前田(40台)
門司会場周辺駐車場
  1. トラストパーク門司栄町2(普通車28台)
  2. タイムズ門司錦町(普通車13台)

下関市役所駐車場

下関市役所駐車場は会場からは近いですが、大渋滞します

毎年14時くらいには満車になっています。

営業時間24時間
料金1時間 200円
12時間までごとの最大料金 800円
1時間まで無料。
ただし1時間を超過した場合は入場した時間からの料金が発生
収容台数普通車200台
住所 下関市南部町1番1号
* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。
あとで見かえしたい方はシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次